〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

お知らせ

病院案内

院長挨拶、病院概要、沿革、診療体制、外来診療のご案内、入院のご案内、教室・講座、広報誌、職員募集などを掲載しております。



外来診療のご案内


院長挨拶、病院概要、沿革、診療体制、お知らせ、患者さんの声 を掲載しております。

詳細は写真をクリックしてリンク先へお進み下さい



アクセス

JRでお越しの方へ

八幡駅出口から南へ徒歩5分。

西鉄バスでお越しの方へ

市立八幡病院前前より 徒歩1分

車でお越しの方へ

24時間駐車場を敷地内に併設しております。
患者さんとその付き添いの方は、診療後駐車券を外来会計伝票と一緒に窓口へお出しください。
入院患者さんの介助者と入退院時の付き添いの方は、病棟ナースステーションにお申し出ください。
駐車場内での事故、盗難に関しては責任を負いかねますので、十分にご注意ください。

医療連携室

患者さんのご紹介をFAXでお受けしております。受診前日の15:00までに紹介患者事前連絡票を医療連携室にFAXして下さい。
CT・MRI等検査のご予約は、放射線科にて受付いたします。電話予約後、紹介患者事前連絡票を医療連携室にFAXして下さい。

詳細は写真をクリックしてリンク先へお進み下さい

診療支援部紹介


看護科・放射線科(技師部門)・薬剤科・臨床検査科・臨床工学部門・リハビリテーション室・事務局についての紹介です。

診療科紹介


八幡病院の17診療科(内科・循環器内科・小児科・外科呼吸器外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・麻酔科・耳鼻咽喉科・眼科、精神科・放射線科・救急科・泌尿器科・皮膚科・産婦人科・歯科)の概要・医師紹介を掲載しております。

外来担当医表


外来担当医表は毎月更新しております。

更新情報

2016/12/01
「北九州市救急受診ガイド」へのリンクを掲載しました こちら
2016/11/15
「新病院の建設について」のページを掲載しました こちら
2016/11/08
広報誌のページに最新広報誌のPDFを掲載しました こちら
2016/10/31
患者さんの声を更新しました こちら
2016/10/14
「市民公開講座のご案内」を掲載しました こちら
2016/10/05
「感染制御室・インフェクションコントロールチーム」のページを更新しました こちら
2016/10/04
クリニカルパスの部屋を更新しました こちら
2016/09/30
病院情報公開のページを掲載しました こちら
患者さんの声を更新しました こちら
2016/09/09
専門医一覧のページを掲載しました こちら
2016/09/08
クリニカルパスの部屋を更新しました こちら
2016/09/07
診療年報第3号、第4号を掲載しました こちら
2016/08/26
患者さんの声を更新しましたこちら
2016/08/17
「看護部職員募集(夜勤専任看護師)」を掲載しました こちら
2016/08/11
「専門医募集(新プログラム含む)」を掲載しました こちら
2016/08/02
「クリニカルパスの部屋」を新たに掲載しました  こちら
2016/08/02
「後期臨床研修募集要項」を更新しましたこちら
2016/06/07
「平成27年度 一般財団法人救急振興財団委託研究事業報告書」を掲載しました こちら
2016/06/07
「2015年アンチバイオグラム」を掲載しました こちら
2016/06/03
「感染制御室・インフェクションコントロールチーム」のページを更新しました こちら

やすらぎと安心を皆様へ

 市立八幡病院 基本方針

1. 医療の安全に万全を期し、科学的根拠に基づく、質の高い医療を提供します。
2. 患者さんの生命の尊厳とプライバシーを守り、患者さん中心の医療を行ないます。
3. 保健・福祉・医療機関と連携し、地域社会への積極的な医療貢献を果たします。
4. 教育・研鑽に努め、専門的な知識、熟練した技能をもって、信頼と責任ある医療を提供します。
5. 公共性、経済性を考慮した健全経営に努めます。

患者の権利と義務

 患者の権利

1.人格、価値観などが尊重され、良質な医療を公平に受けることができます。
2.病気、検査、治療等について、理解しやすい言葉や方法で、十分な説明と情報提供を受けることができます。
3.検査・治療等について自らの意思で選択、同意、拒否することができます。
4.現在の検査・治療等について、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。
4.プライバシーは守られ、医療上の個人情報は保護され、自分の診療記録の開示を求めることができます。

患者の義務

1.良質で安全な医療を実現するために、ご自身の健康に関する情報を正確に提供して下さい。
2.十分な理解と納得の上で、ご自身の治療に積極的に協力して下さい。
3.他の患者さんの診療、治療に支障をきたさないように、院内規則や社会規律を守って下さい。