〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

市立八幡病院臨床研修プログラムへようこそ

臨床研修担当副院長 岡本好司

 北九州市立八幡病院の研修医プログラムへようこそ。医学部の学生、また、初期研修医在籍中の皆さんは、今、将来の研修場所を選択に際して、ご自分の将来に対する大きな夢と不安が一緒になって、大いに迷っておられることと思います。このホームページは、私たち八幡病院が研修の場として提供している初期および後期研修医プログラムを紹介しています。これからどのような医師になるかは、今後の数年間の研鑽が最も重要です。この機関に接する患者さんや先輩の医師、周囲のコメディカルから受ける有形、無形の影響が「医師としての目指すもの」になると思います。 


 北九州市立八幡病院の研修医プログラムの特徴は、救急研修にあります。本院は北九州市および近郊120万人を対象とした3次救急医療体制の中核施設で、多発外傷、心大血管疾患、脳神経疾患、呼吸器・消化器疾患、急性中毒などの重症患者を24時間365日受け入れてます。
臨床研修では、経験豊かな17臨床科のスタッフとともにこれらの救急医療に携わることで臨床の実地修練を積んでゆきます。研修システムは、3ヶ月から6ヶ月単位のローテートを軸に組み立てられます。その時々の研修医の先生の希望変更が反映できるように、研修の途中でも、半年毎に、研修科の希望変更ができるようにしています。
 救急科は、診療の入り口です。迅速な診断治療を行った後に、さらに緊急心臓カテーテルや緊急手術になる患者さんもたくさんいます。また、回復期に向けてのリハビリや退院に向けての予防医学など、現在の医療は、多くの医療行為を必要とされます。当院は、豊富な医師とコメディカル、設備により、ほとんどすべての医療処置を当院の中で完結することができます。研修医プログラムでは、これらの‘できるスタッフ’に囲まれた専門的な治療もたくさん経験することになります。さらに、純粋な医学的な問題以外に、高齢社会における療養問題などの社会的な問題も目の当たりにすることになります。また、院内での実践的な講義や勉強会も盛んに行われています。
 医師は、「医学的な知識を持った人」ではなく、「医療行為を通して人を助ける人」です。北九州市立八幡病院は、「病気を持った患者さんへ対峙できる医師を目指した研修プログラム」を用意して皆さんを待っています。