〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

北九州市立八幡病院救命救急センター 
Kitakyushu City Yahata Hospital Critical Care Medical Center

センター長 ごあいさつ

救命救急センター長 
伊藤重彦


 市立八幡病院救命救急センターは、北九州市および近郊120万人を対象にした3次救急医療体制の中核施設です。多発外傷、心大血管疾患、脳神経疾患、呼吸器・消化器疾患、急性中毒などの重症患者を24時間365日受け入れています。また災害拠点病院であり北九州市災害医療救護計画に基づく医療コマンダー施設であるため、当院DMAT(Disaster Medical Assistance Team)を中心に災害活動にも積極的に参加しています。
 救急搬送傷病者の救命率向上のためには、メディカルコントロール体制の充と救急隊員の医療救護の質の向上は欠かせません。当院敷地内に設置されている北九州市消防局の救急ワークステーションと連携して、救急隊員の病院実習をはじめ、救急救命士のスキル向上のための救急車医師同乗実習を含めた教育・実習プログラムを実施しています。
 このように当院救命救急センターでは、重症患者の救命医療、災害時医療救護活動、救急救命士研修を3つの柱として地域に貢献していきたいと思っています。

社会活動

北九州地域救急業務メディカルコントロール協議会 会長
NPO法人KRICT(北九州地域感染制御チーム)理事 
北九州市院内感染対策専門部会 委員 
福岡県災害救急医療専門委員会 委員 
福岡県精神科救急医療システム連絡調整委員会委員 
北九州空港緊急計画連絡協議会 委員 
非常勤講師(産業医科大学、九州歯科大学、救急救命九州研修所)
北九州市八幡医師会 副会長(平成22〜25年)  現 福岡県医師会 理事
総務省消防庁メディカルコントロール作業部会構成員(平成22年) 
総務省消防庁緊急度判定体系に関する作業部会・WG等構成員(平成23〜25年)
 

賞罰

平成26年度 救急功労者総務大臣表彰(平成26年9月)
北九州市長表彰(平成27年2月)


救命救急センターの役割

 
他の一般医療機関では救命が困難な重症患者や、救命のために緊急の処置が必要な患者に対して、24時間体制で治療を行うこ とです。当院では、救急科をはじめ、内科、外科、脳神経外科、小児科を専門とする医師が連日待機しております。当院の救命救急センターでは、救急車または他の医療機関からの要請で患者を受け入れており、原則として患者個人からの直接のご依頼には対応しておりません。

診療体制

 365日・24時間体制で重症患者を受け入れています。救命センターに搬入された患者は、ERスタッフおよび救急担当診療科スタッフにより、迅速に診断、治療が行われます。CT、MRI検査、血管造影およびインターベンション治療は365日・24時間対応可能です。また、入院が必要なときは、ICU14床、救急病棟20床、小児救急病棟が24時間稼働しています。

時間外診療体制

当直医師10名、待機医師11名、救急部看護師 9−10名、放射線科技師2名、臨床検査科技師2名、薬剤師2名

ドクターカー出動体制
ドクターカー常備と専任ドライバーの常駐により、平日時間帯の出動体制を整えています。救出に時間の掛かる事案、硫化水素事故事案など、北九州市消防局司令センターの出動要請に基づき、医師、看護師、研修医が同乗して出動します。時間外は北九州市消防局と連携して、ピックアップ方式による救急車両による医師同乗出動を行っています。当院は災害拠点病院、福岡県DMAT指定医療機関であるため、 北九州市内の災害発生時には、当院DMATがドクターコマンダーとして、すべての災害事案に出動します。


時間外診療体制
当直診療科

準夜帯

(17:00〜23:30)

深夜帯

(23:30〜朝)

 内科・循環器科
外科

脳神経外科 

小児科 

救命センターTOP

学校における熱中症予防対策

活動報告

救急研修

救急ワークステーション

救急関連資料

競争的資金による研究業績

救急科専門医研修プログラム

北九州市救急受診ガイド