〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

災害医療研修センター長 ごあいさつ

伊藤重彦

副院長 災害医療研修センター長・救命救急センター長 災害医療作戦指令センター(DMOC)センター長


市立八幡病院は、政策医療として1.救命救急、2.小児救急、3.災害医療を掲げています。そのため、院内に3つのセンター(救命救急センター・小児救急センター・災害医療研修センター)を併設し、24時間・365日の活動を行っています。当院は災害拠点病院、福岡県DMAT指定医療機関、二次被ばく医療機関に指定されており、北九州市地域防災計画・北九州市医師会医療救護計画における統括医療機関(コマンダー施設)です。また、敷地内に北九州市消防局の常設型救急ワークステーションが設置されており、災害時に迅速な連携活動が行える体制です。
 災害医療研修センター(Disaster Medical Education Center:DMEC)は東日本大震災の経験から2011年10月に設立されました。DMAT/JMATなど派遣医療とともに被災地内の医療資源を災害急性期から有効活用することの重要性を再認識しました。そのため、医師会、薬剤師会、歯科医師会の協力のもと災害急性期の被災地内医療支援体制の構築(北九州モデル事業)を目指してきました。また、2016年4月からスタートした新しい北九州市医師会医療救護計画においては、災害発生時に市立八幡病院内に災害医療作戦指令センター(Disaster Medical Operation Center:DMOC)が設置されることで、関係機関がセンター内で連携して医療支援を行えるようになりました。
 九州地方も大きな被害を受けることが予想される南海トラフ地震やさまざまな局地災害、特殊災害に対して、当院のDMEC及びDMOCが被災地内医療支援活動におけるコーディネーター役を果たしていきたいと考えています。


北九州地域救急業務メディカルコントロール協議会 会長
NPO法人KRICT(北九州地域感染制御チーム)理事 
北九州市院内感染対策専門部会 委員 
福岡県災害救急医療専門委員会 委員 
福岡県精神科救急医療システム連絡調整委員会委員 
北九州空港緊急計画連絡協議会 委員
非常勤講師(産業医科大学、九州歯科大学、救急救命九州研修所)
北九州市八幡医師会 副会長(平成22〜25年)現理事(平成26年〜)
総務省消防庁メディカルコントロール作業部会構成員(平成22年) 
総務省消防庁緊急度判定体系に関する作業部会・WG等構成員(平成23〜25年) 


What's New

2014/03/11
八幡病院DMATのブログを開設しました。 LinkIconこちら
2011/10/05
災害医療研修センターのサイトを開設しました。