〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

消化器・肝臓病センター 

 2011年11月1日北九州市立八幡病院に、消化器・肝臓病を総合的に、専門的に、かつ先進的に医療を行なうための消化器・肝臓病センターが開設されました。消化器内科、消化器・肝臓外科、放射線科の各診療科の密で機動的、横断的な連携により、高度な診療体制を構築しています。

センター長 岡本好司
副院長

日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本肝臓学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本乳癌学会認定医、日本癌治療認定医機構暫定教育医、消化器がん外科治療認定医、医療系大学間共用試験実施評価機構OSCE評価者認定、インフェクションコントロールドクター(ICD)認定医、日本外科感染症学会外科周術期感染管理医、暫定教育医


 センター設立にあたり、産業医科大学消化器・内分泌外科(第1外科学)准教授の任を辞し、北九州市立八幡病院に赴任致しました。900例近い肝臓手術執刀経験を中心に20年以上の大学病院での消化器外科の経験を活かし、チーム医療を実践するセンターとしてこの消化器・肝臓病センターを育んで行きたいと思います。具体的には、(1)放射線専門医、消化器内視鏡専門医による検査・診断、(2)消化器内視鏡専門医、消化器がん外科治療認定医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医による内視鏡治療、各領域のがん手術、腹腔鏡手術、(3)がん化学療法認定医、癌治療認定医(教育医)、消化器病専門医、肝臓病専門医、がん薬物治療認定薬剤師のもとでの、がん化学療法、肝炎インターフェロン治療、分子標的治療などの薬物治療の3本柱です。

 センター設立後5年を経過し、検査数、治療症例数、手術症例数は飛躍的に増加し、地域の皆様に貢献できているものと感じております。肝臓癌、膵臓癌、胆嚢癌、胆管癌、胃癌、大腸癌などの悪性腫瘍の治療はもとより、救命救急センターや小児救命救急センターなどに受診される、消化器領域の救急疾患(急性胆嚢炎、急性胆管炎、消化管穿孔性腹膜炎(癌、潰瘍、壊死など)、消化管壊死(小腸、大腸など)、急性虫垂炎、ヘルニア嵌頓など、多くの疾患の治療を行なっております。今後もスタッフ一同益々の研鑽を重ねていく所存です。


 

木戸川秀生

日本内視鏡外科学会技術認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本外科学会指導医・専門医
救急科専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)認定医

山吉隆友

がん治療認定医
日本消化器外科学会専門医
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本外傷学会専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)認定医

野口純也

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本医師会認定産業医

 

新山 新

日本外科学会専門医
日本小児外科学会専門医

上原智仁

日本外科学会専門医 
日本消化器外科学会専門医 
日本消化器病学会専門医 
消化器がん外科治療認定医 
日本医師会認定産業医

田上貴之

日本外科学会専門医

川口浩太郎

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会認定医
日本消化器内視鏡学会認定医
日本ヘリコバクター学会認定医

今福義博

放射線科診断専門医、検診マンモグラフィ読影認定医

馬場 三男

日本超音波医学会
日本超音波検査学会


神崎修一

放射線科専門医
IVR指導医
超音波指導医
消化器がん検診学会指導医
放射線科専門医


原田桂作

がん薬物療法認定薬剤師

末吉宏成

がん薬物療法認定薬剤師


消化器・肝臓病センターの特徴

検査・診断

放射線科専門医、内視鏡専門医が毎日検査を行っています

  • 専門医による画像診断(消化管造影、CT・MR、エコー、RI検査など)
  • 内視鏡専門医による消化管検査

治療

内視鏡専門医、消化器がん外科治療認定医、腹腔鏡手術技術認定医のもとで治療を行っています

1.専門医による内視鏡治療 ・胃・大腸がんの内視鏡治療

  • 粘膜切除術(EMR)、ポリペクトミー、粘膜下層剥離術(ESD)、レーザー焼却治療など
  • 消化管出血に対する内視鏡止血・結紮術(食道静脈瘤破裂、消化性潰瘍出血など)

2.専門医による消化器がん手術

  • 肝がん、膵癌、胆道癌、胃がん、大腸がんなど
  • 小児の固形がん

3.専門医による腹腔鏡手術(手術創が目立たない、きずの小さな手術)

  • 胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆石・総胆管結石、脾腫、膵腫瘍などの待機手術
  • 急性虫垂炎、癒着性イレウス、胃十二腸潰瘍穿孔、腹部鈍的外傷などの緊急手術

4.その他の良性疾患手術

薬物治療

がん治療認定医、認定薬剤師、消化器病専門医の管理のもとで薬物治療を行っています

  • (外来)がん療法 ・肝炎に対するインターフェロン治療、核酸アナログ製剤による治療、インターフェロンフリー経口治療、炎症性腸疾患に対する分子標的治療

インターベンション

IVR指導医のもとでインターベンション治療を行っています

  • がんに対するステント治療、ラジオ波焼灼治療、経動脈カテーテル治療など
  • 消化管、腹部実質臓器出血に対する経カテーテル塞栓療法など

LinkIcon

LinkIcon