〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

診療科一覧

内科

外来は呼吸器・消化器・神経・糖尿病・一般内科外来のほか、応援の専門医による膠原病外来(週1回)等も設置しています。また、できる限り救急患者の受け入れを行っています。これからも、地域との連携を深め質の高い医療を提供できるようスタッフ一同努力いたします

循環器内科

循環器内科は、冠動脈や四肢末梢・腎動脈等の動脈硬化性疾患、高血圧、心不全、不整脈等の心血管病が主な対象です。冠動脈疾患は心筋梗塞等の緊急症例も多く、昼夜オンコール体制で対応しています。

小児科

小児科は総勢約28名のうち、後期研修医9名(平成28年4月現在)の小児科医からなる市中病院の同じ科としては類をみない大きさの充実した診療科です。

外科・呼吸器外科

外科・呼吸器外科はスタッフ13名で消化器外科、肝臓外科、呼吸器外科、救急外科を中心に診療を行っております。内視鏡手術(胸腔鏡・腹腔鏡)は全体の半数以上を占め、緊急手術も多数施行しております。

整形外科

当院の整形外科は救急医療とともに発展してきました。骨折などの外傷に対する手術が主で、手術後のなるべく早い時期からのリハビリテーションを実施しています

脳神経外科

当科は昭和53年に九州で2番目に設置された救命救急センターの要として発足し、昼夜をとわず24時間体制で市民に「安心、信頼、満足していただける質の高い医療」の提供をめざしています

形成外科

顔や体の表面の変形を、様々な手技を用いて修復する科です。変形、機能障害や形態異常を、手術によってできるだけきれいで使いやすい状態に治し、患者さんが社会に出たり、日常の生活を営んだりしやすくなることを目的としています

麻酔科

麻酔科は、日本麻酔科学会認定麻酔指導医を含む2名の常勤麻酔医と市立医療センター麻酔科をはじめとする非常勤麻酔科医の先生に御協力いただき診療にあたっています 

耳鼻咽喉科

耳鼻科は外来診療と、手術および急性疾患の治療を中心に入院加療を行っています。中耳炎、慢性副鼻腔炎等の一般的耳鼻咽喉科疾患の治療から、幼児難聴の診断、めまいの診断治療、頭頚部領域の腫瘍に対する手術まで幅広く対処します。

眼科

白内障手術、網膜疾患関係の硝子体手術を火曜日におこなっています。一人眼科医、一人視能訓練士ですので、大変お待たせすることもありますが、
今まで培ってきた経験をもとに、精一杯、日々の診療にはげんでいます。

精神科

精神科では広く精神科一般の病気を診ています。妄想や幻覚で苦しんでいる人や気持ちが落ち込んで苦しんでいる人から、職場の悩みを抱えて体調不良に悩む人、夜眠れなくて困っている人など、症状やその程度は様々です

放射線科

当科は現在常勤医2名で画像診断とIVR(インターベンショナルラジオロジー)を中心に診療を行っています。画像診断は、消化管X線検査、心臓以外の超音波検査、CT検査、RI検査、MRI検査、血管造影検査を行っています。 

救急科

当救命救急センターでは、現在4名の医師が中心となって、それぞれの専門分野の知識も活かしつつ、救急科として診療を行っています。さらに、外科、脳外科、内科、小児科から診療応援をいただき、救急科研修医とともに、日々の救急診療を行っています。

泌尿器科

泌尿器科悪性腫瘍(腎癌、前立腺癌、膀胱癌、腎盂尿管癌、精巣腫瘍など)、良性疾患(尿路感染症、尿管結石症、前立腺肥大症、過活動膀胱など)に対する診療を行っています。とくに悪性腫瘍に対する手術治療・全身癌化学療法では、新しい知見を取り入れ、最新の治療が行えるよう心がけております。

皮膚科

皮膚は、外からの色々な刺激からわたしたちの体をまもってくれています。また皮膚は、わたしたちの体の中の状態を映し出す鏡であるともいわれています。
  当科では、皮膚が発する内なる声に耳を傾けながら、必要かつ最も適した医療を、患者さんおひとりおひとりにオーダーメイドでご提供することを心がけております。

婦人科

現在(2016年4月現在)、月曜日~金曜日の午前中(9:00~11:00)に診察を行っております。ただし、水曜日に関しては完全予約制で行っておりますので、前日までにご予約ください 

歯科

現在、歯科医師1名 歯科衛生士1名の体制で診療しています。
診療内容は一般的な歯科医院とほぼ同じですが、病院歯科ですので有病者・高齢者の治療に力を入れています。