〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区尾倉2丁目6番2号
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

整形外科・リハビリテーション科

  当院は、救命救急センターを併設していることから、重度外傷が多く、また小児救急センターも併設していることから、小児の骨折症例が多いことが特徴といえます。このように当院の整形外科は救急医療とともに発展してきました。今後も、当院の使命である救命救急医療、小児救急医療、災害支援医療の一役割を担いながら、市立病院ならではの地域に根ざした、地域住民に貢献出来る医療を目指し診療を行って参ります。
 2019年からは新体制となり5名の医師が診療にあたっています。全員が、日本整形外科学会専門医の資格を持っており、関節外科・手外科・外傷の各分野で専門性の高い医療を提供しております。

<関節外科>

豊富な執刀経験を有する関節外科医が2名赴任し、2019年から股関節、膝関節などの下肢関節の診療を始めました。代表的な疾患として変形性股関節症、発育性股関節形成不全、変形性膝関節症に対する関節温存手術(臼蓋形成術、高位脛骨骨切術)や人工股関節手術、人工膝関節手術、関節鏡手術があります。現在日本では6万例の人工股関節手術、9万例の人工膝関節手術が行われ、これは10年前の約2倍といわれています。2018年12月新病院への移転に伴いクラス100のバイオクリーンルームが新設され、手術中は宇宙服のような手術用防護服を着用し感染に対する対策を行っております。また、麻酔科医の協力のもと、神経ブロック併用による麻酔を行い、術後の痛みを減らすよう心がけております。

<手外科>

「手外科」とは、上肢の外傷(骨折や関節脱臼、腱・神経損傷など)や運動器疾患に対する機能再建を行い、動く手、使える手を取り戻すための専門性の高い分野です。手は小さな容積の中に腱・神経・血管など実に多くの組織が詰まっています。これらの組織一つ一つが重要な役割を担っているという解剖学的な特殊性を有しています。手外科では、それぞれの組織を解剖学的に再建することに加えて、これらの運動の調和を考えながら手術・リハビリテーションを行う必要があり、緻密な計画性や繊細な手術手技が要求されます。橈骨遠位端骨折や手指・手根骨骨折などの手の外傷治療に加え、リウマチ手の機能再建、キーンベック病などの手根骨壊死、母指CM関節症などの変形性関節症、肘部管症候群や手根管症候群などの絞扼性末梢神経障害、腱鞘炎、デュピュイトラン拘縮、良性の骨軟部腫瘍など幅広い手術を行ないます。デュピュイトラン拘縮に対しては、手術療法以外にコラゲナーゼ注射を用いた酵素溶解療法も行います。
 

医師紹介

名前 岡部 聡 <おかべ さとし> 整形外科主任部長
専門分野 関節疾患、主に股関節
学会関係

日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本職業・災害医学会評議員

コメント 昭和59年産業医科大学卒             
名前 目貫 邦隆 <めぬき くにたか> 部長
専門分野 手外科、外傷、骨粗鬆症
学会関係

日本手外科学会専門医、日本骨粗鬆症学会認定医、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本骨粗鬆症学会評議員、日本骨形態計測学会評議員

コメント 平成10年 産業医科大学医学部卒        
名前 渡嘉敷 卓也 <とかしき たくや> 部長
専門分野 関節外科 外傷
学会関係

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医

コメント 平成17年 産業医科大学医学部卒        
名前 花石 源太郎  <はないし げんたろう> 部長
専門分野 外傷、手外科
学会関係

日本整形外科学会認定専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

コメント 平成18年 産業医科大学医学部卒         

リハビリテーション科

急性期病院ですので、主として病気やケガを発症してすぐの方に対してのリハビリテーションを提供しております。特に、整形外科においては、運動器の変性疾患や外傷の術後に、早期のリハビリテーションを強化的に行っております。早期からのリハビリテーション実施により、より早く患者さまの機能改善を目指します。

医師紹介

名前 辻 正二 <つじ せいじ> リハビリテーション科主任部長
専門分野 整形外科一般・外傷
学会関係

日本整形外科学会専門医・認定脊椎脊髄医・認定産業医            

コメント 平成元年産業医大卒