〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

看護部

 八幡病院の看護部は、救急医療の役割を担う中核病院としてチーム医療を推進し、円滑・効率的に協働するために研鑽を図り専門職として、科学的かつ主体性のある看護をめざしています。

看護部長挨拶

看護部長 中山 七重

 八幡病院は救命救急センター・小児救急センターとして24時間・365日いつでも必要な医療を提供し、市民の皆さまに安心・信頼・満足していただけることを目標に、院内の様々な職種が連携・協働しながら患者中心のチーム医療を行っています。私たち八幡病院看護部は、地域の皆さまと心が通い合う医療サービスを提供するため、看護理念である“こころ温い看護”の実現を目指しています。そのためには、患者・家族の皆さまとの関わりを大切にし、信頼関係を築いていくことはもちろん、安全・安心で質の高いサービスの向上を図るために、院内・院外の研修や委員会活動にも積極的に取り組んでいます。
 現在八幡病院は、平成30年度の新病院開院へ向けて職員一丸となって取り組んでいます。その中で、看護部は『新病院(ハード)に負けない看護力(ソフト)』をスローガンに掲げ、新病院建て替えに向けての準備を進めています。私達は、地域になくてはならない病院として成長していけるように努力していきたいと思います。

看護部理念

 救急医療の中核としての役割のもとに、生命の尊厳・人間性を尊重したこころ温かい看護を提供します。

看護部基本方針

倫理にもとづいた看護を提供します

  1. 笑顔で相手の立場に立った看護を提供します。
  2. 自己研鑽に努め、知識・技術の向上を図ります。
  3. 事故防止、感染予防に努め、安全な看護を提供します。
  4. 快適な療養環境を提供します。
  5. 地域との連携を図り、継続した看護を提供します。
  6. 病院の健全経営に参画します。

看護部概要

看護単位: 11看護単位
入院基本料:

  • 一般病棟  10:1
  • 小児科病棟(小児入院医療管理料1)7:1
  • 救急病棟  (救命救急入院料1)   4:1
  • 集中治療室(救命救急入院料2)  2:1
  • 急性期看護補助加算       25:1

看護方式:

  • 固定チームナーシング
  • 受け持ち制とチームナーシングの併用

勤務体制:3交代制勤務

看護部会議・委員会

看護師長会議 教育委員会 事故防止委員会  業務委員会 記録委員会 接遇委員会 褥瘡対策チーム委員会  

災害対策チーム委員会

院内研修

Ⅰ 教育理念

北九州市立八幡病院の看護理念に基づき、専門職業人として時代の変化に対応でき、市民に信頼される質の高い看護が提供できる看護師を育成する。

Ⅱ 教育目的

北九州市立八幡病院看護部の組織の一員として責務を遂行するために必要な看護実践能力の獲得・維持・向上および看護職の学習に対する要望を支援することを目的とする。

Ⅲ 教育目標

1.組織の一員としての立場と役割を認識し、責任のある行動が取れる看護師を育成する。
2.専門的知識・技術・態度を習得し、看護実践能力を開発できる看護師を育成する。
3.医療チームの一員としての自覚を持ち、よい人間関係を築くことができる看護師を育成する。
4.根拠に基づいた安全かつ安楽な看護ケアを提供できる看護師を育成する。
5.倫理的感性を高め、看護倫理に基づいた看護実践ができる看護師を育成する。
6.救命救急センター・災害拠点病院の看護職として、救急・災害看護の知識を深め、実践することができる看護師を育成する。

IV 八幡病院看護科教育体系

  • 画像をクリックすると大きな画像が表示されます

V 新人教育体制

新人看護師の支援体制:プリセプターシップ

 新人看護職員を支える組織体制としてプリセプターシップをとり、新人看護職員のリアリティショックの緩和、職場適応、役割遂行を促進している。

  • 画像をクリックすると大きな画像が表示されます
  • 画像をクリックすると大きな画像が表示されます

職場内での教育(OJT)、職場外の集合教育(Off-JT)を組み合わせて教育をおこなっています。

  • 画像をクリックすると大きな画像が表示されます
  • 画像をクリックすると大きな画像が表示されます
  • 画像をクリックすると大きな画像が表示されます

当院認定看護師の紹介

日本看護協会 感染管理認定看護師

中川 祐子

 感染対策は手洗いに始まり手洗いに終わる!
院内だけではなく、地域へ貢献できる感染管理認定看護師を目指しています。

日本看護協会 小児救急認定看護師

梶原 多恵

 小児救急センターに来院する子ども達の病態を緊急度の側面から病態を把握し、疾患や傷害発生に潜む要因を分析し社会的予防活動に繋げて行きたい。同時に育児不安や困難に悩む家族に常に寄り添える小児救急医療を目指したい。

日本看護協会 小児救急認定看護師

橋本 優子

 病院に来る子ども達は、病院や医師、看護師に対して恐怖を感じ、不安な表情をしています。私たちが関わることで緊張がほぐれ笑顔を見せてくれた時や子ども達が本来持っている「頑張れる力」を引き出し、 子ども達の誇らしげな表情を見た時、小児救急看護認定看護師としてのやりがいを感じます!!

日本看護協会 小児救急看護認定看護師

光吉 久美子

 2014年に資格を取得しました。
子どもたちが安全に過ごせる環境を提供するため、院内外の活動に取り組んでいきたいと思います。ホームケアに関する助言をはじめとし、ご家族が安心して家庭で子どもたちを育てて行けるようにサポートしていきます。

日本看護協会 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

岩永 妙

 『脳卒中急性期から患者様の将来を見据えて、回復期、維持期まで長期的な視野を持って看護を行っていくこと』を目標に看護を行っています。患者様、ご家族の思いを受け止め、より良い状態で社会に戻れるように関わっていきたいと考えています

日本看護協会 救急看護認定看護師

橋本 真美

 救急医療を必要とする小児から高齢者に対し、個々の患者の状態に応じた看護が行えるよう、日々、精進しております。また、院内外を問わず、地域の救急看護・災害看護の知識と技術の向上にお役に立てればと考えております。

日本看護協会 救急看護認定看護師

井筒 隆博

 救急車出動件数は毎年増加傾向にあり、救急医療の質が問われています。病態の緊急度・重症度を基軸とし、少ない情報から状態を判断し急激な状態変化に即応した看護援助が行われることを目指し、救急看護認定看護師として実践・指導・相談を行っています。
 また、地域貢献として救急看護の質向上のため、急変時対応や災害看護の研修会も企画しております。

日本看護協会 救急看護認定看護師

角田 直也

 救急看護師の役割は「生命を救い、生活を支えること」と学びました。まだまだ経験未熟で至らない点も多いですが、この役割が果たせるように努力していきます。分からないことも多いですが調べることができます。どんな些細なことでも構いません。どうぞリソースとしてご活用頂き、地域救急看護の質向上に貢献させて下さい。

日本看護協会  集中ケア認定看護師

川﨑 久美子

 集中ケア認定看護師の役割は、生命の危機的状況にある患者とその家族のケアを行い、重篤化を回避することにあります。ICUだけでなく、一般病棟や小児病棟に入院中の患者様の異常の早期発見ができるように、スタッフへの実践・相談・指導を行っていきたいと思います。また、院内活動だけでなく、地域活動に参加し地域の皆様に貢献できるように努めていきたいと思います。

日本看護協会 集中ケア認定看護師

山下 亮

 集中ケア認定看護師の役割は、生命の危機的状況にある患者の病態変化を予測し、重症化を回避するための援助および早期回復への支援を特徴とします。全身管理に対するスキルを活かし、八幡病院および地域全体のクリティカルケアの質向上に努めていきたいです。

日本看護協会 がん化学療法看護認定看護師

福永 聡

 化学療法の進歩により長期生存が可能となったことから、がんは慢性疾患に位置されるようになりました。しかし、抗がん剤は副作用が強く危険性の高い薬剤であるため、患者様が安全・確実に化学療法を受けていただけるように、適切な投与管理と副作用のマネジメント・セルフケア支援に努めます。また、がんと診断された患者様・ご家族が直面している諸問題に対してトータルペインの視点で支援を行う事でQOLの向上を目指していきたいと考えています。

日本看護協会 皮膚・排泄ケア認定看護師

福永 晶子

 皮膚・排泄ケアとは傷、ストーマ、失禁の患者に対する看護を行います。共通している看護はスキンケアを行うということです。スキンケアの基本は、皮膚の清潔・洗浄、保湿、保護です。皮膚障害からの苦しみをなくすため、予防に努めていきたいと考えています。

その他専門・認定看護師

・看護協会認定看護管理者(ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベル)
・糖尿病療養指導士 ACLS,BLS ヘルスプロバイダー
・災害派遣医療チーム研修(DMAT)
・消化器内視鏡技師 呼吸療法認定士など


看護師の募集を行います。
是非一緒に働きませんか?



当院認定看護師の紹介です。