〒805-8534 
福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
TEL 093-662-6565(代表) 

FAX 093-662-1796
FAX 093-662-1909(連携室直通FAX)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

医療機器の紹介

マルチスライスCT装置

Brilliance iCT-SP

1回転0.27秒という世界最速の回転速度(2013年 9月現在)に加え、一回転で最大128スライスの画像 収集を可能とした最新鋭のマルチスライスCT装置です。従来型CT装置と比べて詳細に画像収集(最小 0.67mm)しながらも、頭部検査では最速2秒程度、胸部から骨盤までの広範囲な体幹部検査においても最速5秒程度でのスキャンが可能となります。
 また、X線CT検査において懸念される放射線被ばくも、従来の装置と比較して全身領域で約半分、小児領域で最大1/5の被ばくに抑えることが可能です。

MR装置

SignaHD 1.5T



当院のMR装置は高画質、高性能で多彩な機能を搭載しており、特に超急性期脳梗塞、脊髄損傷等の診断に有効です。
 その他、脳腫瘍、脳動脈瘤、関節疾患、靭帯疾患、骨髄炎、子宮卵巣疾患、肝疾患、前立腺がん、乳がん、非造影での下肢血管など多種多様な検査を実施しており、放射線科専門医による迅速で的確な診断を実施してます。

血管造影装置

Allura Xper FD20/20

鼠径(そけい)部よりカテーテルを挿入し、大型のフラットパネルディテクターを使用して全身の血管検査・治療を行っています。頭部などでは同時2方向撮影を行い、患者さんの造影剤の負担軽減を行っています。
 この装置では、複雑な血管構造を3D表示し、詳細な画像を作成することで適切な診断及び治療を行うことができます。
 また、XperCTにより軟部組織の情報を得る事もでき、治療に有効です。

エキシマライト光線療法機器

ゼラビーム UV308


 乾癖、白斑、アトピー性皮膚炎などの患部に照射して処置する、紫外線皮腐治療器で、紫外線皮膚治療器としては世界で初めて、エキシマフィルターを搭載し、健康な皮膚へのリスクを低減し患部に対し効果的かつ、安全に照射治療を行うことが可能になりました。
 また、従来に比べコンパクトな光源が採用されたことで、患部に対し限定的かつ強力に照射することができるようになりました。局所的に皮疹がある患者や小児患者にとって、患部以外の健康な皮膚に紫外線を照射することなく、患部だけを安全かつ効果的に照射治療することができます。
 当院では、小児の患者さんへの治療も積極的に取り組んでいます。

Qスイッチルビーレーザー


 当院では、色素性皮潜疾患に対して効果があるQスイツチルビーレーザーを導入して います。
 波長694nmというルビーレーザーは、皮膚の中でもメラニン色素穎粒には多く吸収されますが周囲のコラーゲン組織やヘモグロビンにはほとんど吸収されないという特徴があります。さらにQスイッチモードでは高いパワーのレーザー光を20ナノ秒という非常に短い時間に照射するため、熱に変化したエネルギーが周囲に広がる間もなく色素顆粒を破壊します。この特性から、正常組織にダメージを与えずに色素性皮膚疾患を治療できます。
 当院では、保険適応のある太田母斑、扁平母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着の治療を行います。